校長挨拶

朝霞市立朝霞第二中学校 校長 杉山 巌(すぎやま いわお)
 保護者の皆様、地域の皆様におかれましては、日頃より本校の教育活動に対して、温かいご支援とご協力を頂き、誠にありがとうございます。今年度もよろしくお願いいたします。
 4月は新入生だけでなく上級生も、夢や希望で胸をふくらませる時期です。新しいクラスで「新しい出会い」があり、その関わりの中で自分を高めていってほしいと願っています。「新しい」ということは、「今までとは違う」ので、うまくいかないこともある でしょう。学級担任をはじめ教科や部活動の担当の先生が変わったり、クラス替えがあって親しい友人と離れることになったり、新しい友達との関係づくりに緊張の日々が続いたり、また、学習内容も前の学年より難しくなったりと不安な部分もあるでしょう。 しかし、「新しい出会い」は自分を成長させるチャンスのときでもあります。
 一歩下がって、「~し直す」ことで、さらに二歩も三歩も前に進む解決策が得られるのではないでしょうか。いろいろな角度から物事や人を見つめ直したり、振り返ったりすることで、良い方法が得られるはずです。「今まで」も大切にしながら、「新しい出会い」 でそれぞれの花(自分)を咲かせてくれることを楽しみにしています。
 さて、今年度の朝霞第二中学校ですが昨年同様、学校目標、目指す学校像を次のようにいたします。

目指す学校像『一人一人が輝く 活気と潤いのある学校』
 学校教育目標『自ら学ぶ生徒』 (知)
       『心豊かな生徒』 (徳)
       『心身を鍛える生徒』 (体)
       『勤労を尊ぶ生徒』 (本校の特色)

 学校も多くの先生方の異動があり一段とフレッシュな顔ぶれとなりました。新たな教職員体制のもと、二中の伝統を継承しつつ、教職員一丸となって『一人一人が輝く 活気と潤いのある学校』を目指して教育活動に取り組んで参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。