校長挨拶

朝霞市立朝霞第二中学校 校長 土橋 徹嘉(どばし てつよし)
 令和3年度がスタートをしました。今年は国を挙げて招致したオリンピック、パラリンピックが一年間の延長の末に実施できるかに注目が注がれています。57年前の東京オリンピックでは、その後の国内のスポーツ熱を高めるとともに、Jリーグをはじめとするスポーツ界の発展に大きな影響を及ぼしました。活躍をした選手に憧れ、夢を抱く多くの中学生もいたように思います。未来を担う生徒への素敵な贈り物になるのではないかと期待しているところです。
 一方で、現在も国を挙げた新型コロナウィルス感染症の感染防止対策が執り進められています。本校でも、保護者の皆様方や関係機関に協力をいただき対応を進めていますが、引き続き、ご理解、ご協力の程、お願いいたします。
 さて、近年、社会は大きく変化しており、今後、人工知能の飛躍的な進化等により、社会や職業の在り方そのものも大きく変化する可能性があることも指摘されています。これからの教育においては、こうした将来の変化を予想することが困難な時代をたくましく、且つ、しなやかに生きていく力を育んでいくことが重要であると認識しております。本年度より学習指導要領が全面実施となりますが、職員一同、今回の改定の趣旨を踏まえ教育活動を展開してまいります。
 また、本校の学校教育目標は、校訓「自治 友愛 真実」のもと、自ら学ぶ生徒、心豊かな生徒、心身を鍛える生徒、勤労を尊ぶ生徒です。これら目標の具現化を通して、生徒一人一人に学力や豊かな心、健康・体力をバランスよく育んでいくことを目指します。また、目指す学校像に「一人一人が輝く 活気と潤いのある学校」~を掲げまして、信頼され誇れる学校づくりにも誠心誠意努めてまいります。
 「子どもは、家庭の教えで芽を出し、学校の教えで花が咲き、世間の教えで実がなる。」と言われます。本校の教育活動の成果や効果を定着させ一層高めていくため、学校運営協議会の取組をスタートいたしました。今後とも、保護者や地域の皆様、関係諸機関の方々のお力添えをいただきながら、生徒のよりよき成長のために力を尽くしてまいりたいと存じます。どうぞ、よろしくお願いいたします。


校長挨拶集

行事等の校長挨拶はこちらからご覧いただけます
令和2年度(PDF版)→ 4/8(1年生向け) 4/8(2・3年生向け) 5/7(登校日) 6/1(入学式式辞) 7/6(朝会)